シミサプリ人気ランキング

 

乾燥肌のシミに効果のあるサプリメント

 

様々な肌トラブルの原因になるといってもいいくらい、乾燥肌は厄介ですよね。乾燥肌が引き起こす肌トラブルは、ニキビやシミ、シワ、などで、これらは肌の水分と油分のバランスが整っていないことから引き起こります。
水分と油分のバランスがいい肌は一般的に「普通肌」といいます。この油分が少ない場合を「乾燥肌」といい、逆に油分が多すぎる肌を「オイリー肌」といいます。しかいオイリー肌なのに乾燥肌といった「混合肌」は、油分が多くて水分が足りないといいった状態の事を言います。こちらは男性の方に多く見られる傾向で、男性は女性ほどスキンケアにこだわってないからと見られます。
男性は普段からスキンケアしていない人が多く、している方でも洗顔をして化粧水を軽く付ける程度でしょう。男性の肌はオイリー肌傾向が強く、なぜなら男性ホルモンの影響が強いからです。そのため皮脂が過剰に分泌します。
なのにスキンケアを行わないと、保湿成分がちゃんと機能せず水分値の低下し乾燥肌を招いてしまいます。

 

このような乾燥肌にならないためには、乾燥を防ぐ必要があります。そのためには保湿効果のある成分「ヒアルロン酸」や「セラミド」や「アミノ酸」といった保湿成分を肌に補給しましょう。その他にも「ビタミンC」や「クエン酸」なども効果的で、美白効果や肌細胞の代謝を促進させる働きがあります。
クエン酸を多く含むものといえば、ラズベリーです。ラズベリーは乾燥から肌を守る効果があり、その他にもポリフェノールやアントシアニンなどの成分が含まれています。これらは抗酸化作用があるため体内の細胞の酸化を防ぐことができ、あらゆる病気から身を守ります。
また、ラズベリーにはダイエット効果も持ち合わせています。ラズベリーケトンというラズベリーの香りが、脂肪分解促進作用があることが最近の研究で分かってきました。

 

 

オイリー肌のシミに効果のあるサプリメント

・ビタミン類の中でもビタミンEは様々な効果があり、抗酸化作用が優れ過酸化脂質を予防する働きを持っています。
過酸化脂質というのは私たちの身体にとってとても厄介なもので、体内のあらゆる器官へと酸化を働きかけます。そのため細胞がサビつき様々な病気を引き起こします。しかしビタミンEには、ガンなどを引き起こす原因「多価飽和脂肪酸」の酸化を防御する力があります。
・ホルモンバランスを整える働きをするビタミンEは、ホルモンの新陳代謝を活発にします。そのため妊娠しにくい方は、ビタミンEを摂取し続けることで妊娠しやすくなる可能性があります。
・更年期障害などの生活習慣病の対策
・シミや老化、冷え性、肩コリの予防

 

このようにビタミンEは様々な効果をもたらします。健康面にはもちろん、美容面でも効果が現れるビタミンEは、継続的に摂取したい栄養分ですよよね。
また、ビタミンEと一緒に摂取したい成分がせ「セレン」です。セレンにも抗酸化作用があるため、過酸化脂質を予防したり細胞を酸化から守るといった、ミネラルの一種になります。
またセレンには、ビタミンEの抗酸化作用の働きを向上させる働いがあるため、一緒に摂ることによってさらなる相乗効果が期待できます。
セレンが不足してしまうと、あらゆる器官の免疫力や抵抗力が低下してしみ、老化の原因となります。

 

 

 

シミはほっておくとどんどん増えますので早めの対策が必要です。シミは女性の敵!
ただ、その対策も、いろんな商品があって効果があるもの、ないもの、高いもの安いものとなかなかいいものを選ぶのが難しいのが現状です。
そこで当サイトでは、【シミを消す】効果のあるものをランキング形式でご紹介させていただきます。

 

シミとターンオーバーの関係性

 

シミができてしまうと、美白化粧品などで美白ケアしないと一生消えない...。そう思っている方が多いようですが、実はシミは自然と消えるものなのです。というのも、肌の「ターンオーバー」という言葉を聞いたことはありますか?ターンオーバーというのは肌の代謝サイクルのことで、約28日周期で肌の細胞が作られ剥がれおちます。このターンオーバーが順調な周期だと、角質層と一緒にメラニン色素も剥がれおちるので、シミの原因となるものが排出されシミができにくい肌となります。しかしターンオーバーの周期が乱れると角質層もうまく剥がれおちなくなり、メラニン色素がいつまでも蓄積したままとなりシミができやすく消えにくくなってしまうのです。

 

人の肌は表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっています。表皮が一番皮膚に近く、皮下組織が一番奥のものになります。表皮はわずか0.2ミリほどの薄さですが、肌の潤いや水分を保持するのに大切な部分です。
また表皮の下に位置する真皮は、コラーゲンやエラスチンからなっており肌のハリや弾力をキープします。その下にある皮下組織は一番奥にあるもので、肌の基盤となります。
表皮の基底層で生成された細胞は、分裂を繰り返しながら角質層まで到達して最終的に剥がれおちます。古くなった角質は自然と剥がれおちるのが、正常なターンオーバーとなります。しかしこのターンオーバーの周期が乱れると、通常剥がれとちるはずだった角質が肌に残ったままになるので、当然肌はくすんで一向に透明度は上がりません。いくら美白化粧品を使用していてもターンオーバーが乱れていては意味がないのです。つまり美白化粧品の効果が十分に発揮されるのは、肌のターンオーバーが正常でないといけないということです。

 

ではなぜ肌のターンオーバーが乱れてしまうのでしょうか?それは主に生活習慣に原因があります。不規則な生活リズムや睡眠不足・精神的なストレスなどがターンオーバーを乱れさせてしまいます。つまり規則正しい生活をしていれば、ターンオーバーは正常だということですね。しかし現代に生きる女性はとても忙しく、身も心も疲れている方が多いようです。肌のためにも少し自分をいたわり、美しい美白肌を手に入れましょう。

 

 

妊娠するとシミってできやすいの?

 

この噂よく聞きますよね。でも噂じゃなく本当の事なのです。妊婦さんのシミは通常紫外線等でできるシミと違って、妊娠性肝班と呼ばれています。妊娠性肝班は女性ホルモンの影響でできるものなので、妊娠と深く関係があるのです。
女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分類されるのですが、妊娠すると、女性ホルモンのバランスが乱れてプロゲステロンが増加します。どちらの女性ホルモンも増加するのですが、特にプロゲステロンが増加することでメラニンの生成を活性化してしまうのです。そのため妊娠中の方はシミやそばかすができやすくなってしまいます。

 

妊娠性肝班ができるのは主に妊娠2〜3ヶ月と、出産後の2〜3ヶ月だと言われています。この時にできるだけシミを作らずできにくくするためには、紫外線対策と美白ケアを入念に行わなければいけません。
シミサプリならこちらもおすすめ⇒ http://mils-series.com/

 

 

 

シミができる原因それは...紫外線

 

肌にとって大敵のシミ。目立つと同時に一度できてしまったら、なかなか元には戻りません。
ではいったい、なぜシミができるのでしょうか?

 

シミができるほとんどの原因は、紫外線の影響です。紫外線によって色素形成細胞(メラノサイト)が刺激を受けることで、メラニン色素を作りだします。これは細胞が炎症などを起こすことで、肌が丈夫になろうとメラニンを大量に発生させます。これらが表皮にある細胞を黒くするのです。
日焼けして真っ黒になるのは、この状態の事です。

 

 

肌状態が健康でターンオーバーの周期が整っていれば、メラニン色素が作られても角質層まで押し上げられ、剥がれ落ちていきます。なので日焼けして黒くなっても、時間がたてば元の色に戻りますよね。
しかしターンオーバーが正常でなかったり紫外線を常に浴び続けるような事があれば、メラニン色素の排出がうまくできずに肌に残ったままになります。肌に残って沈着してしまったメラニン色素が、「シミ」となってしまうのです。

 

 

メラニン色素と聞くと「シミ」のイメージしかなく悪いものとしか捉えられませんが、このメラニン色素のおかげで紫外線による肌へのダメージを軽減しています。
しかしシミの原因にもなってしまうので、それを防ぐには健康な肌状態を保つっておくことが一番です。
しかし万が一シミができてしまっても、スキンケア方法で解消することはできます。正しいスキンケア方法プラス、シミに聞く美容成分を取り入れることで薄く目立たなくすることができます。

 

 

シミは、紫外線を浴びてすぐにできるものではありません。
小さいころから今までの紫外線量が、時間をかけて肌に出てくるのです。10代のうちに一生分の半分以上は浴びていると言われている紫外線ですが、今からでもケアは遅くありません。むしろこれから何十年先にできるかもしれないシミのために、今からシミ対策をしておきましょう。

大人のシミ対策

 

20代後半あたりになって急にシミが気になり始めてきた、なんてことはありませんか?
20代を過ぎるとお肌の曲がり角と言われ、10代のころよりも肌トラブルが目立ってきますよね。確かに10代や20代前半は少しくらい無理をしても肌トラブルが頻繁に起こるなんて事はありませんでした。あるとすれば、皮脂分泌によるニキビ程度だったはずです。海に行って日焼けしてもすぐに元の状態に戻るし、夜更かしやオールをしても肌への影響はそこまでなかったことでしょう。しかし20代後半あたりになってくると、そうもいきません。夜更かしなんてすると翌日の肌が全然違ったり、ファンデーションのノリも悪くなってしまいます。また乾燥や肌荒れではなく今までできでいなかったシミが目立ち始めるのです。
これは若いころに受けてきた紫外線が数年かけてようやく表面上に出てきたのです。数年かけて作られたシミはなかなか消えず、とても厄介。このころから
美白化粧品ラインに切り替える人も多いのでは?

 

30代を過ぎると20代に出来ていたシミと種類が変化していきます。コメカミや頬骨、オデコ、口などの周辺にできるシミは「肝班」と言われ、左右対称に出来いることが多いです。若いうちからずっとシミ対策を行ってきたのになんで...?そう思われている方は肝班の可能性が高いです。
肝班にも様々な種類があり、レーザーで取り除いたりピーリングで薄くしたりできるものもあれば、逆にひどくさせてしまう場合もあります。種類によって対処の仕方も変わってくるので、肝班を無くしたい方はまず皮膚科で相談してみましょう。皮膚科でも肝班の治療を行うことができ、消すための薬を処方してくれます。

 

ずっと同じシミ対策や美白ケアを行っていては意味があありません。シミも年齢とともに変化していくものなので、美白ケアも年齢とともに変えていかなければいけません。

 

洗顔方法でシミ対策

 

シミは洗顔方法で増えるのを防ぐことができます。
というよりも、洗顔方法によってはシミができやすくなってしまうという言い方のほうが正解かもしれません。
あなたは間違った洗顔をしていませんか?

 

まず化粧を落とすために使用するクレンジング剤ですが、クレンジング剤には肌に負担をかける界面活性剤が含まれています。なので1日に何度も何度もクレンジング剤を使用すると、界面活性剤によって余分な皮脂まで洗い流してしまい肌にダメージを与えてしまいます。なのでできれば肌に負担をかけないタイプのクレンジング剤を使用しましょう。そしてきちんと汚れが落ちるタイプのものを使用しなければいけません。いくら肌にやさしいからといって、洗浄力が弱いクレンジング剤だと肌に汚れが残ったままになってしまいます。肌に汚れが残ったままだと、肌の上で酸化してしまい老化肌・くすみ・黒ずみの原因になってしまいます。日焼け止めやファンデーションは決して肌にいいものではないので、洗い残しがないようにしましょう。
またたまに化粧をしたまま寝てしまう人がいますが、これは本当に肌によくありません。新たなシミを作ってしまうだけでなく、吹き出物や毛穴の詰まり・シワなどの肌トラブルの原因となってしまいます。なのでその日のメイクはその日のうちに落とすことが大切になってきます。欲を言えば、家に帰宅したらすぐにメイクを落としたほうがいいでしょう。

 

肌に最もいいとされているのは、ダブル洗顔です。クレンジング剤でメイクをしっかりと落とした後に、洗顔料でクレンジング剤の残りや肌の汚れを落としていきます。ダブル洗顔は肌の汚れをしっかりと取り除きうるおいのある肌を作ります。この時の洗顔料ですが、泡立てネットでしっかりと硬い泡を作ることが重要です。キメの細かな泡で洗うことで、肌の隙間まで入り込んでしっかりと汚れを取り除いてくれます。この時手でこすらないよう、泡で肌を洗うようにやさしく洗顔してください。こすりすぎはシミの原因となってしまいます。

 

逆に朝起きた時の洗顔は、ダブル洗顔ではなく洗顔料だけにしておきましょう。朝はメイクもしていないのでクレンジング剤を使用する必要はありません。むしろクレンジング剤を使用して余分な皮脂や角質まで落としてしまう可能性があるので、いたわる意味でも朝は洗顔だけで充分です。

 

毎日何気なく行われている洗顔ですが、やり方一つで美肌を作るかどうかを左右します。毎日行うものだからこそ、気をつけなければならない洗顔。あなたも間違った一度自分の洗顔方法を見直してみましょう。

 

シミ消しに効果的な食材は?

 

 

シミを消すためには、美白スキンケア商品を使用したり日焼け対策をしていると思います。しかしそれだけでなく毎日の食事でシミをできにくく・シミを薄くする効果のあるものを摂取するとより効率的にシミ対策ができます。
スキンケア商品や美白化粧品など外側からの美白ケアも重要ですが、やはり内側からの美白ケアはより効果的です。両方から美白効果を促進させていち早く白く透明感のある肌を手に入れませんか?

 

肌のシミやくすみを取る食材・日焼け対策に効果的な食材を紹介していきます。

 

◎ビタミンC
ビタミンCは誰もが知っている栄養成分ですよね。美肌を作るには欠かすことのできない成分ですが、シミを薄くする働きもあるのです。ビタミンCを摂取すると、紫外線によるメラニン生成を抑制させます。またメラニン色素を還元してシミを薄くしてくれ作用もあるので、日焼けしてしまったと感じる日には特にたくさん摂取しましょう。しかしひとつ注意しておきたいことが、長時間の外出や海・山等のレジャーなど、紫外線をたくさん浴びそうな日の朝は、ビタミンCを摂取してはいけません。これから紫外線を浴びると言う時にビタミンCを摂取してしまうと、かえって焼けやすくなってしまいます。ビタミンCは日焼けした後に摂取する事でメラニンに働きかけるので、その日の夜にビタミンCたっぷりのものを食べたりビタミンCのパックをするなどしましょう。

 

ビタミンCは主にレモンやいちご・パパイヤ・グレープフルーツなどといった果物類にたくさん含まれています。フルーツは体に良いので毎日摂取しましょう。
その他にもブロッコリ―やキャベツ・サツマイモ・ジャガイモなどにも豊富に含まれています。

 

◎ビタミンA
ビタミンAには新陳代謝を促す働きがあるので、肌のターンオーバーサイクルを整えます。またその際に角質層に沈着したメラニン色素が角質と一緒に排出されるので、シミ改善のためにビタミンAも進んで摂取したい食材の1つです。
ビタミンAはほうれん草や小松菜・ニラ・かぼちゃなどの野菜類や、うなぎ・レバーなどにたくさん含まれています。普段何気なくしている食事ですが、少し意識して採りいれてみてください。

 

◎抗酸化作用のある食材
シミを予防・改善するには抗酸化作用の効果がある食事を摂取しましょう。抗酸化作用のある栄養分といえばビタミンEです。なのでビタミンEが含まれている食材を摂ると抗酸化作用も期待できるでしょう。
ビタミンEは魚介類に多く含まれており、イクラや筋子・アンコウの肝等です。また魚介類が苦手な方は赤ピーマンやモロヘイヤ・ナッツ類にもビタミンEは含まれています。

 

またビタミンEだけでなくポリフェノールにも豊富な抗酸化物質が含まれています。近年健康ブームなので、一度はポリフェノールという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?加齢や老化を防ぐ抗酸化作用があるポリフェノールは、アンチエイジングの効果もあります。シミだけでなくシワやくすみ・たるみ等の肌トラブルも改善できるでしょう。
ポリフェノールは主に赤ワイン・緑茶・ココアなどの飲料にたくさん含まれています。またリンゴやブルーベリーなどの果物類にも豊富に含まれています。

 

シミに効果がある美白化粧品

 

一度できてしまったらなかなか取れないシミ。シミに効果があるといえば美白効果のあるビタミンCが有効とされますが、実際のところどうなのでしょうか?
シミといっても様々なしゅるいがあり、美白成分の配合されている美白化粧品効果のあるシミとそうでないシミがあるのです。
美白成分の配合された美白化粧品の効果が見られるシミは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑の3つです。
この中でも老人性色素班というシミは、一般的にできるシミのほとんどを占めます。しかし老人性色素班のシミに効果があるのは初期にできたシミに限ります。初期段階のシミというとどのくらいの濃さかと思いがちですが、目に見えて分かるほどのシミは初期段階ではなくかなり古いと言えます。なのでできてしまったシミを消そうと思ってもなかなか消えず、諦めてしまう人も少なくはないでしょう。

 

美白効果のあるスキンケア商品を使っているのに、消えないのは化粧品が悪いと思いがちですが、そうではありません。
ただ皆さんが使い方を間違っているだけなのです。

 

美白成分入りのスキンケア商品は、シミを消す効果があるのではなく、メラニン色素の生成を抑制させる働きをします。なのでできてしまったシミに働きかける効果はあまり期待できません。
シミは紫外線を受けてすぐに発生するのではなく、何年もの年月をかけて作りだされていきます。そのため、若いうちからまだ肌奥で眠っているシミ予備軍に働きかけることが大切になってきます。
今のうちに美白化粧品を使い続けることによって、将来シミの目立たないキレイな肌を作ることができます。

 

すでにできてしまったシミには、美容外科やクリニックで行っているレーザー治療を受けることをお勧めします。
跡形もなくキレイに排除してくれます。

更新履歴